副業って会社にバレるの?現役副業サラリーマンが解説

副業って会社にバレるの 副業

こんにちは。サラリーマン&不動産会社社長のコマ社長です。

本記事では私のこのツイートについて、詳しく解説していきたいと思います。

副業がバレる理由ってあなたは考えたことはありますか?

私は現在、サラリーマンをしながら副業をすることを推し進める活動をしております!

いきなりサラリーマンを辞めて、副業一本に絞るというのは現実的ではありませんので、私は本業で自分自身を成長させつつ、サイドビジネスを拡大することを推奨してます。

でも、副業禁止の会社であれば、副業がもし会社にバレたらと思うと、とてもリスクが高いですよね!

ただ、現在副業解禁になり、空いた時間を利用して副業を始めるサラリーマンが急増しているのも事実です。

そのため、本記事では副業をする上でリスクを紹介しつつ、その対応策まであなたに提案してみたいと思います。

副業はやりたいけど、会社にばれるのが怖くて始められないわ。

会社にばれたとしても、会社の就業規則に違反していないならば、不当な扱いをされることはないはずだよ。今日は、副業についての定義とその対応策について解説していくね。

確定申告について

まず、前提として、会社員の場合は、副業で稼ぎがあるなら確定申告を毎年きちんと行う必要がありますよ!

確定申告をしないと脱税に当たるので気をつけてください!

サラリーマンで副業をしている方も、確定申告は必要ですが、実は私は個人での確定申告はしてません。

勤務先の年末調整のみです。

その理由は、私は株式会社のオーナーですので、このブログから発生する収益も会社の事業の一つとして、会社の売上として税務申告しております。

ただし、個人で副業をやる場合は必ず確定申告してくださいね。

税務署は個人の口座を簡単に確認することが出来ます。

本業以外で稼いでいるのに無申告でいると、税務調査で多額の追徴課税を課せられるので気をつけてください!

そもそも副業禁止の副業ってなに?

では、そもそも副業って何のことを指しているかあなたは考えたことはありますか?

コンビニでアルバイトをすることですか?

ブログやSNSで広告収入を得ることですか?

会社によって就業規則は異なりますが、大抵の場合はこの2つになっていることが多いです。

  1. 他の会社と雇用契約を結んで給料をもらうこと
  2. 他の会社の役員に就任すること

1に関しては、休日に会社には内緒で、コンビニ等でアルバイトをして給与を勤務先以外から貰う行為のことを指します。

こちらはシンプルでとてもわかりやすいですよね。

一方で、2の会社役員になることは、私がやってるようなプライベートカンパニーを創立して、その会社の役員に就任するケースが挙げられます。

ちなみに、私が勤めている会社は、2を副業の定義として定めていて、役員に就任することを禁止してます。

ただし、私の場合は、株式会社を設立しましたが、株だけは保有して、親を代表取締役にしているので、会社の就業規則上は副業にはなっておらず、違反していないことになります。

設立費用の安い合同会社ではなく、株式会社を選択した理由の1つはこれになります。

この内容は後半で詳しく解説します。

POINT

私の場合は、株式会社を設立しましたが、株だけは保有して、親を代表取締役にしているので、会社の就業規則上は副業にはなっていない!

なぜ副業が会社にバレるの?

さて、副業をしていて会社にバレるケースを考えてみましょう。

主な理由は3つです。

  1. 友人、親族、知人からのタレコミ
  2. 職場内の態度
  3. 住民税

友人、親族、知人からのタレコミ

副業をやっているということをあまり広めすぎてしまうと、中には会社に密告する人も出てきてしまいます。

副業をやっているあなたは、周りの友人知人より豊かになっていくことでしょう。

成功のステージに一歩ずつ近づいているあなたを面白いと思う人ばかりではありません。

人の嫉妬心を侮るなかれです。

なるべく、あなたの素性を知っている人に副業をしていることや収益を公開するのはやめておきましょう。

職場内での態度

こちらも1に似てるかもしれません。

副業で軌道に乗り始めてしまうと、副業に夢中になってしまい、本業をおろそかにしてしまう場合があります。

本業の就業時間帯に、ワードプレスを開いてブログを書き始めて、もしバレた場合はさすがに言い訳出来ませんよね。

また、同僚などに副業をやっていると話したりするのもNGです。

副業はあなたが思っている以上に、日本では良いイメージは持たれていないということ、胸にしまっておいてください。

住民税

会社員の場合は、住民税を私たちに代わって会社が納めることになります。

これを特別徴収といいます。

特別徴収では、副業をしたことで増えた住民税の分も、本業の額に加味されて会社に通知されてしまいます!

自分で支払いをする普通徴収というタイプも選択できますが、ほとんどの場合、特別徴収を選択して給与から天引きしてますよね。

そのため、会社に通知される収入の金額には本業からの収入だけでなく、副業の収入も記載された税額になってしまいます。

これが副業がばれる最も大きな原因なのです!

副業からの収入が記載されていますから、勤務先の給与計算担当者にバレてしまうのです。

もし、住民税でバレることが不安の場合は、住民税の徴収方法選択で普通徴収を選択してください。

普通徴収とは上述した通り、自分で銀行に行って納付する方法です。

普通徴収の選択方法については国税庁HPを参照してください。

対応策として私が提案する方法

住民税で、普通徴収に切り替えれば、会社に通知が行くことがないので、バレることが決してないとしても、なんだか不安ですよね。

そもそも、特別徴収を大多数が選択する中で、あなただけが普通徴収を選択したら余計に怪しまれるかもしれません。

私が提案する方法は、私が実際にやっている株式会社を創立する方法です。

会社の役員には、親族の誰かに就任してもらい、あなたは会社のオーナーになります。

そして、副業で発生した収益は会社の売上として税務申告をするのです。

副業で得た収入は全て法人の収入になるため、税法上は別人格なので、個人の税務申告に影響が出ることはありません。

この状況をわかりやすく言えば、あなたはトヨタ自動車の株式を持っているだけの状態というわけです。

このスキームであれば、あなたは株式を持っているだけですので、会社が制度的にあなたを副業について責め立てることは出来ません。

そして、例えば、アフィリエイト収入を得る目的でブログを書いていたとして、あなたがプロフィール画面に出てくるものの、それをあなたが実際に書いたと証明するのは非常に難しいですよね。

プロフィールではあなたの写真を使っているものの、実際は母親が書いていたと言われたら、企業があなたを処罰するには、あなたがブログを間違いなく書いていたことを証明しなければなりません。

証明出来たとして、果たしてブログを書くことが就業規則のどの項目に違反しているでしょうか。

会社の売上にはなるものの、このスキームであれば個人に給料は発生しません。

今のご時世で、確たる証拠が無いのに不当解雇するのは不可能です。

リスクを持ちつつ副業をやるのもいいですが、何か指摘をされた際に、絶対に崩されないように理論武装することも副業で活動するために重要なことです。

ぜひ、私の他の記事も参考にしつつ、快適な副業ライフを送ってください!

他の記事にも載せてありますが、私が参考にしている書籍をご紹介しておきます。

この本は、上述している内容をより詳しく解説してます。

プライベートカンパニーの創立を検討されている方は、ぜひ読んでみてください。

以上、副業って会社にバレるの?現役副業サラリーマンが解説!でした。

POINT

リスクを持ちつつ副業をやるのもいいですが、何か指摘をされた際に、絶対に崩されないように理論武装することも副業で活動するために重要!