【SEO対策】Googleの検索エンジンの構造

【SEO対策】Googleの検索エンジンの構造 ブログ運営

あなたは検索エンジンの仕組みをしっかりと理解していますか。

そして、Googleが、どのような理念を持って、アップデートやアルゴリズムの改善を行っているか理解してますでしょうか。

おそらく、大半の方はあまり知りません。

そして、「知らない」と答えた方は、おそらくSEOで成果を得られていないと思っています。

それだけでなく、「知らない」と答えた方は、無意味な施策ばかりに時間を費やして、検索エンジンからのアクセスが増えるどころか、落ち込んでいってるのではないでしょうか。

もし、あなたが、SEOで成果を出したいのであれば、ぜひ本記事をじっくりと読み込んで検索エンジンの仕組みやGoogleの意図を抑えて下さい。

そうすれば、SEOの本質を理解することが出来、何が有効な対策で、避けるべき対策はどれなのかが全て分かるようになります。

SEOの意味としては、Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)の略です。

SEO対策は検索エンジンの最適化のことを指すのです。

この最適化を行なっているのは、Googleの社員が手動で行なっているわけでは無く、設定されたアルゴリズムに基づいてGoogleのロボットが最適化をしてます。

POINT

SEO対策を知らないと答えた方は、おそらくSEOで成果を得られていない!

Googleの理念

効果的なSEOの本質を知るためには、検索エンジンの仕組みを知る前に、まず、Googleの理念を理解する必要があります。

なぜなら、Googleの理念を知ることによって、Googleがどのようなサイトが検索上位に表示させたいかが分かるからです。

結論から言えば、、 Google は、ユーザーにとって役に立つ「完璧な検索エンジン」を追い求めています。

Google で何か知りたいことを検索した時に、役に立たないサイトばかりが表示されていたら、誰も Google を利用しなくなります。

その結果、Googleの広告収入は激減してしまうのです。

一方で、検索した時に、知りたかった情報が完璧に表示されていたら Google の信頼性は増加します。

その結果、ユーザーは更に増えてGoogleの広告収入が増加する仕組みになっています。

POINT

効果的なSEOの本質を知るためには、検索エンジンの仕組みを知る前に、まず、Googleの理念を理解する必要がある!

Googleの検索エンジンの構造

Googleは、世界中のサーバーをロボットで巡回しており、その巡回の仕組は以下の4つです。

1.ディスカバー (URL発見)

外部のサイトのリンクなどからURLを発見します。

2.クロール(ページの情報を見に行って、中身の情報を取得します)

優先度が高いページはクローラーがたくさんきます。クロールとは検索エンジンが、サイトの新しいページや更新された内容を取り込む作業のことを指します。クロール日とは、取り込み作業を実施した日付のことです。

WEB上には、クローラーと呼ばれる検索エンジンのロボットが巡回してます。クローラーは、WEB上の全てのページを集めよう動いています。

このクローラーが、あなたのサイトに到着した時に、検索エンジンは初めてサイトの存在を知ってもらえるのです。

従って、サイトやページを作ったら、まずクローラーに発見してもらうことがSEO対策の第一歩となります。

3.インデックス(索引作成)

百科事典をイメージしてください。クロールして得た情報で索引を作ります。ページの理解の内容を理解し、重複するページは、インデックスから外していく作業をします。

クローラーが集めてきたページの情報は、全てGoogleの百科事典のようなデータベースに登録されます。

このデータベースへの登録のことをインデックスというのです。

この時に、重要なのは、ページの中身を検索エンジン側からみて読みやすいように整理することです。

なぜなら、検索エンジンはインデックスされた情報をもとに検索順位をランキングするからです。

せっかく良い内容が書いてあったとしても、それが検索エンジンにとって読みにくく書かれてしまっていては、Googleに適切に評価をしてもらうことは出来ません。

4.サーブ(ランキング決定)

キーワードを入力したら、インデックスサーバから情報を取得して、関連性の高いものを順に提供する仕組みです。200以上のアルゴリズムに基づいて、検索結果のランキングを決定しています。

ただ、Googleはアルゴリズムを頻繁に変更しているため、全てを知る必要はありません。

結論としては、前段でも解説しましたが、Googleは自社の売上のために、検索ユーザーにとって最も役立つコンテンツが上位に表示させたいと思っています。

そのため、良質なコンテンツを作ることが最も確実なSEO対策だと言えます。

SEO対策の方法について

SEO対策を行うために考えることは主に4つです。

SEOは内部対策が大切

文字通りWebサイトの内部に手を加えて行う施策になります。

内部SEO対策を行っていない場合、内容がどんなに素晴らしい場合でもGoogleからWebサイトを評価してもらうことが難しいです。

内部対策を分かりやすく解説するなら、Webサイトの情報を正しくGoogleに伝えて、正しく評価をしてもらうための対策の事です。

キーワード設計について

キーワードの設計は記事を作る上で非常に大切な要素です。

ユーザーが、どのようなキーワードで検索するのかを考えて、キーワードを設計しなければなりません。

例えば、全く検索されないキーワードを選んだとしても検索されるユーザーの母数が少ないため、検索流入が少なくなってしまいます。

キーワードプランナーやGoogleのサジェスト機能を使ってユーザーのキーワードを調べてみましょう。

被リンクの意味について

被リンクは、他社のサイトからリンクを受けることを指します。

他サイトから紹介されているサイトというのは、Googleから一定の評価を得られます。

そのため、影響のあるサイトから紹介されると、紹介されたページも上位表示することがあります。

しかし、Gooogleのガイドラインでは、リンクの購入は禁止しています。

従って、恣意的に紹介れるのでは無く、自然に他のページから紹介されるということが大切になるのです。

具体的な被リンクを自然に得るためには、サイトの記事内容のクオリティを高める事が大切です。

クオリティが高ければ、そのサイトを誰かに紹介したいと思う人が必ず出てきます。

例えば、SEO業者が提供する外部リンク獲得支援のようなサービスもありますが、それはあまりお勧め出来ないケースがあります。

Googleのガイドラインに違反することがあり、ペナルティリスクも介在している場合があるからです。

POINT

具体的な被リンクを自然に得るためには、サイトの記事内容のクオリティを高める事が大切!

良質なコンテンツがSEOの基本

コンテンツとは、記事の内容のことを指します。

例えば、不動産投資についての記事であればより実用的で専門的なサイトでなければなりません。

ブログのように情報を提供するコンテンツなどWebサイトのページ内容が専門的で信頼性及び権威性が高ければ高いほどGoogleの評価はあがります。

この良質なコンテンツを作成するというのは、SEO対策で誰もが出来ることです。

また、良質なコンテンツを作ることは成果に最もつながりやすいです。

そのため、クオリティの高い記事を作成することは、SEO対策の基本と言えます。

前段でも解説しましたが、Google側から考えた場合に、Googleは自社のブランドをとても重視します。

なぜなら、Googleは世界中のみんなが検索エンジンを使用することによって広告収入を得ている企業だからです。

この検索エンジンに信頼性が無ければ、ユーザーはGoogleが提供する記事を信用しなくなり、検索エンジンを使わなくなってしまいます。

だからこそ、Googleはコンテンツのクオリティを求めるのです。

日々検索しているユーザーの求める情報を上位表示させようとしています。

POINT

良質なコンテンツを作ることは成果に最もつながりやすい!

SEO対策のトレンドとまとめ

SEO対策は、今後ますますコンテンツ重視になることが予想されます。

今回は、SEO対策を行う上での基本となる内容を紹介しました。

細かい内容を含めると考慮する箇所や方法はまだまだありますが、これからブログを始める方は最低限抑えておきたい部分です。

ブロガーは記事を量産しなければなりませんので、記事を執筆しながらSEO対策にも気を配らないといけないのは大変だと思います。

しかし、大量生産した後に、全くSEO対策をしていなければ、後でまとめてやるのは至難の技ですので、可能な限り確認しておきましょう。

私の経験からも、ブログ初期の頃からSEOを意識するのはとても大切です。

初心者ブロガーはSEOのことは考えずにまずは100本記事を書こうという言葉を鵜呑みにしてしまい、50本くらい書いたあたりから、SEOの知識を勉強して大量リライトを実施しました。

その結果、約50時間以上はリライトに時間を取られてしまい大きな後悔をしました。

ただ、上記で解説した内容をすべて行っても、検索キーワードで上位表示が出来るようになるということはありません。

本記事はSEO対策初心者に向けての最低限の内容です。

従って、多くのサイトが基本的なSEO対策はやっているのです。

そのため、全くSEO対策のことを考えていない記事は、毎日大量にブロガーが誕生する現在、競争に勝つことは出来ません。

ただ、本記事は内部SEO対策の基本となる部分なので、是非一度ご自身のWebサイトを見直して見てください。