【SEO対策】ブログでEATが必要な理由

【SEO対策】EATを高める方法 Web marketing

まずこの記事を読む前にあなたに知って欲しいことはSEO対策において正解は私はないと思っています。

それはSEOのルールというものはGoogle社内でも限られた社員にしか公開されていないもので、その秘匿情報が外部に漏れることは無いし、高い頻度でアップデートが繰り返されるアルゴリズムの攻略法というのは日々陳腐化されるものになるからだ。

ただ、SEO対策でもよく効果的だと言われる事がある。

その一つとして、Googleは、ページの検索順位を上げる基準の一つして「内部リンクがついていること」を重視すると言われています。

そしてそれと同じくらい重要なことに高品質なコンテンツであることが必須です。

これをコンテンツSEOと呼びます。

何故コンテンツの質が重要かと言うとGoogleの売り上げは広告費で構成されているからです。

ピンと来ていない方のためにもっと具体的に言えば、Googleは検索サイトをより多くの人が利用することによってスポンサーをつけて稼いでいる企業です。

そのため、Googleの検索サイトが使用されなくなってしまうとGoogleの売上は減少してしまうため、Googleはより多くの人に検索サイトを使用して欲しいと思っています。

SEOの仕組みは確信を持ったことは言えなくても、この検索サイトで上位に来るものはコンテンツの質が高いものであって欲しい言う考えがあるのは間違いありません。

「高品質なコンテンツ」の条件がこのE-A-T

EAT ブログ

E-A-Tという語は、高品質なwebサイトの特長3つの英語頭文字を取った、Googleの造語になります。

SEOの仕組みはわからないと言えども、このEATはGoogleが公表しているものなので、これに沿った形でブログ戦略を組み立てるのはブロガーとしてマストと言えます。

そのEATというのが以下の3つとなるわけです。

  1. Expertise(専門性)
  2. Authoritativeness (権威性)
  3. TrustWorthiness (信頼性)

結論から言えば『E-A-Tが高い』webサイトは信頼され、権威性がありユーザーからの信頼性があるwebサイトです。

E-A-TはSEO対策でも最重要項目になりますので、本記事で私の考えを交えながら解説していきます。

何故なら私もブログを執筆する上で、このEATはとても意識している部分です。

SEO対策というものは何が答えなのかは明確にわからないもの、このE-A-Tに関してはGoogleが答えを提示してため、E-A-T対策をしないという答えは無いからです。

とは言ったものの、E-A-T対策が一体なんなのかを知っている人はそんなに多くは無いはずです。

実際に調べてみると分かりましたが、このE-A-Tとは個人の解釈によって見解は異なるものだと思っています。

私はE-A-Tを一言で言うならば、事実を正しく読み手に伝えることを指すと考えております。

例えば、アメリカの大統領は誰かという記事について、安倍晋三が大統領であると解説してしまう記事が信頼性があると言えるでしょうか。

E-A-Tの記事というのは、日本の総理大臣は安倍晋三であると事実を正確に書くのは当たり前で、その安倍晋三のキャリアやお父さんのキャリアまでを懇切丁寧に解説する記事のことを指すと私は考えています。

従って、ブログを書く人は常にE-A-Tを心掛けるようにする事が、稼ぐための近道です。

なぜなら、Googleが検索順位を上げる条件として、上記でも説明した通り、このE-A-Tを掲げているため、これを意識しない手は無いからです。

POINT

『EATが高い』webサイトはに信頼され、権威性がありユーザーからの信頼性があるwebサイト!

Expertise(専門性)

E-A-Tの中でも、とくに専門性を意識したサイト作りが重要だと言われています。

私自身も専門性をとても意識しています。

例えば、副業をする上で、節税の必要性も大切になってきますが、意外とそのことについて言及しているブロガーは少ないです。

税務的な観点から解説されている記事は専門性の高い記事と判断されると私は思っています。

上記のように、専門性の高い記事を生産し続けることで信頼性や権威性も増していくのです。

また、専門性を高める方法の一つとして、特に言われているのが、1つのトピックにおいて集中して情報発信をすることで、Googleに評価されるため検索順位が上昇するというものです。

例えば、不動産投資というカテゴリーの中で、多角的に複数の記事を量産することによって、そのサイトは不動産投資の専門性が高いと判断される事があります。

その結果、その記事の検索結果が上位になり、サイトの信頼性や権威性も高まっていく仕組みになっています。

E-A-Tの中でも、以上のことがとくに専門性を高めることが重要とされる理由とされています。

従って、ブログ運営においては専門性のある人が執筆した記事は非常に強いです。

具体的には、不動産投資に関する記事では、投資をしたことも無い人が記事を書いた場合と、不動産投資で第一線で活躍されている方が記事を書いた場合では、当然後者の方が評価は高くなります。

実際に不動産投資で検索してみると分かりますが、上位に表示される記事の多くは大手企業か不動産投資家の記事で埋め尽くされています。

また、専門家であれば、様々な角度からそのコンテンツを分析できて記事にすることが可能なはずです。

知識があることによって記事の文字数が増えます。

また、専門性の重要な対策として、内部リンクを設定するというのがあります。また、専門性の重要な対策として、内部リンクを設定するというのがあります。

関連記事のリンクをつけることによって、記事のボリュームを増やして、webサイトがそのコンテンツを深掘りしていることをGoogleに評価してもらうのです。

例えば、不動産投資や株式投資のような競合が大手の場合でも、この関連記事を積み重ねていくことで地道にGoogleの評価を上げていき、上位を狙うことも可能です。

そして、専門家やブログ運営の上手な人の特徴でもあるのが、絶対に初めて見る人にも理解出来る言葉で解説している記事です。

よく頭の良い人は誰にでも分かりやすく話す事が出来ると言われていますが、それは記事を書く上でも重要になってきます。

読み手の気持ちに立って記事を執筆する癖をつけましょう。

Authoritativeness (権威性)

Googleは権威性のあるサイトも評価すると明言しています。

この権威性のあるwebサイトとは、権威のあるwebサイトのことを指しますが、具体的には、筆者が有名な方だったりするwebサイトのことを指します。

私も含めてブロガーがインフルエンサーにもなりたいのは、これが一つの理由として挙げられます。

フォロワーが多い人が記事を書くことによってGoogleがそのwebサイトには権威性があると判断すると言う情報があるからです。

日本人の国民性の特徴として、何を言うかではなくて誰が言うかが重視される世の中のため、この権威性と言うのは著名人というだけで評価されたりすると言われているのです。

私自身もブログビジネスをする上で、この権威性と影響力は紐づくものと考えたため、Twitterのフォロワーを2万人弱まで増やすしました。

そのため、ブログで成功したいのであれば戦略的にインフルエンサーになるのもおすすめです。

また、そのWEBページの更新頻度も大切となってくると言われています。

Googleの目線に立てば分かりますが、1989年に執筆された記事と2020年に執筆された記事ではどちらが情報の鮮度が高いと思いますか?

古い記事が良いか新しい記事が良いかの議論は一目瞭然だと思いますがGoogleは更新の止まったwebサイトの評価を下げると言われています。

従って、ブロガーを始めた以上は記事書き続けるという覚悟が必要です。

私自身もYoutubeを始めたりしてブログビジネスに費やす比重は減ったものの、執筆をするという行為はまだ続けています。

ちなみに権威性をさらにつけるために私はYoutube発信を始めましたのでぜひチャンネル登録よろしくお願いします。

ブロガーの人たちが毎日更新を神経質になるまで続ける理由の一つとしてこれがあります。

毎日更新をしなくなってしまうことによって、Googleの評価が下がってしまえば収入がガクッと落ちてしまうからです。

毎日更新がGoogleの評価と紐づくのかは確信を持ったことは言えませんが、結果を出している人で毎日更新している人は多いですよね。

他の記事でも解説してますが、結果を出すのであれば結果を出している人の手法を真似するという方法が一番手っ取り早いです。

TrustWorthiness (信頼性)

信頼性のあるwebサイトを一言で言うなら、運営者が誰だかわかるサイトのことを指します。

例えば、私が心がけているのは、記事の終わりには私のプロフィールを顔写真付きで載せてます。

写真だけでなく、キャリアや資産内容等も赤裸々に公開してます。

また信頼性の面ではアフィリエイト記事を書く際にも成約率に影響を及ぼすため絶対に必要になってくる部分です。

例えば、あたなが商品を購入したいと思った時に、そのサイトがどこの誰が書いたものかわからないサイトであればあなたは商品を購入したいと思いますか。

私だったら誰がお勧めしているかわからないものを購入したいとは思えません。

そのため、この信頼性という部分は、記事に嘘偽りが無いのは当たり前の話で、その記事はどのような実績を持っている人が執筆しているかも気にしている部分だと言えます。

もっと具体的に言えば、転職サイトのアフィリエイト記事を執筆する場合に、転職経験のない筆者がそのサイトで転職のことを書いていても全く信憑性が無いですよね。

信頼性という部分を突き詰めて言語化するのであれば、自身の実体験を元に記事を嘘偽りなく執筆する事がGoogleが評価する信頼性なのだと私は考えてます。

また、権威性の部分とも重複しますが、Googleは記事の内容よりも誰が書いたかを意識しているように思います。

以下の章では、EATの重要性について解説します。

E-A-Tを高める方法

私は上記でも解説をしていますが、E-A-Tを高める方法webサイトの専門性を高める方法は『実体験に基づいて記事を書く』事だと思っています。

そのため、これからのブログで重視されるものはあなたのユニークな経験です。

何故ユニークな経験が必要かと言うと、検索する際に誰もが経験していることというのは、人は検索して調べたいと思いません。

ブログで20万円をたったの4ヶ月で20万円稼げたというユニークな実体験が私のようにあるから人は興味がそそられるのです。

そのため、他のwebサイトにも紹介されていないような知識や経験を記載することによって、Googleはその記事をユニークなものと判断してSEOの評価をするのです。

また、SEO対策についての記事でも、本記事のように『E-A-T』に関する情報はSEO対策においてもマニアックな部分になってくるため、それを題材に記事を作成していることはGoogleから一定の評価は得られます。私が本記事でE-A-Tを取り上げているのは短期間でブログで実績を上げる事が出来た私だからこその解釈を伝えられると思って記事にしています。

私はブログ開始当初からE-A-Tについての存在は認識しており、意識して記事を執筆してました

上記のように、E-A-Tを高めたいのであれば、他の人が経験していないユニークな実体験に焦点を絞って記事を書くようにすればGoogleからの評価が得られやすくなるためお勧めです。

POINT

他のwebサイトには掲載されていないようなユニークな知識や経験を記載しなければ、Googleの評価を得ることは難しい!