転職して人生が変わった私がお勧めする転職サイト

転職して人生が変わった私がお勧めする転職サイト 副業

私は20代で2回の転職活動をしましたが、その際に多くの転職エージェントを利用しました。

年収の推移ですが、1社目は350万円、2社目は500万円、3社目は600万円です。

年収は取り立てて高くはありませんが、私は転職をすることによって世界観は大きく変わりました。

これについては後ほどご説明します。

また、転職をすれば年収は下がると言われていますが、転職をすることによって年収を上げることはそんなに難しいことではありません。

もし、今の職場に不満を募らせているなら転職することを私はお勧めします。

実際に私は2回転職をしましたが、転職したことによって大きく人生が良い方向に変わりました。

私が転職した理由

私が転職をした理由ですが、1社目の会社は東証一部上場企業のITベンダーに就職しました。

大学を2012年に卒業しましたが、その当時はいわゆる就職氷河期の時代でした。

その厳しい就職活動の末に掴んだ上場企業で、平均勤続年数や平均年収も高水準の会社だったので、私はその会社で働けることに誇りを持っていました。

しかし、働き始めて私はすぐに違和感を感じ始めました。

その違和感とは、今の時代では到底考えれられませんが、当時は深夜の23時頃まで会社で働いていても一円も残業代を貰えないことでした。

さらに、休日は会社の先輩のゴルフに付き合わなければならなく、残業代も貰えていない私の収支は赤字で、なんとかボーナスで黒字を保っていたようなものでした。

その会社で出世をするためには、会社のために人生の多くの時間を注がなければならなく、必死に上司のご機嫌を損ねないように休日まで社内接待する毎日でした。

金銭面でも不満がありましたが、さらに私を不安にさせたのはシャープが経営不振で大規模にリストラを行ったことです。

私が就職する時は、シャープは超優良企業で、まさか倒産寸前にまで会社経営が立ち行かなくなるとは当時は思いもしませんでした。

40代まで会社一筋で働いたとしても、会社が傾けば人員整理の対象となってしまい、キャリアがストップしてしまうシャープの社員を見て私は恐怖を覚えました。

このまま一つの会社で働き続けて限られたスキルを身につけるよりも、20代のうちにいろんなチャレンジをしてスキルを身につけられるように厳しい環境に挑戦して汎用的な人材になろうと思ったのが転職のきっかけです。

転職して人生は大きく変わった

転職したことによって、私の世界観は大きく変わりました。

仕事も環境も全く違う場所でスタートするのは、とてもストレスのかかることでしたが、今となっては転職をして本当に良かったと思います。

複数の会社で働くことによって、いろんな人や会社の文化に触れることができて、働き方の価値観というのは自分の中で磨き上げられました。

また、スキルの面においても複数の会社で学ぶことによって、業務の知見が広がったと確信してます。

転職の経験は、今の私の副業にも生かすことが出来ており、20代のうちに迷わず挑戦して本当に良かったと胸を張って言えます。

転職する方法について

私のこれまでの転職活動では数多くの転職エージェントを利用してきたので、その中から転職活動で役立った4社のおすすめ転職エージェントをご紹介します。

日本は少子高齢化社会に突入しており団塊の世代が続々と定年退職を迎えて労働人口が少なくなってしまっています。

その結果、企業は人手不足に陥ってしまい、転職市場は今や空前の転職者有利の売り手市場です。

もし、今の職場に不満がある方は転職してください。

終身雇用の時代はすでに崩壊しており、あなたを本当に必要としている会社で働くことが、人生を楽しんで生きるコツです。

無料の転職サイトに登録してエージェントに相談するだけでもあなたの可能性は広がります。

具体的には下記の手順で転職エージェントに登録します。

転職エージェントの応募方法

転職エージェントへの応募方法はとても簡単です。

転職サイトに登録したら、転職エージェントと面談します。

その後、転職サイトで求人情報検索をして気になった求人に応募すればOKです。

転職サイトに登録したり、エージェントに相談するのはもちろん無料で利用できます。

従って、転職活動する際はエージェントを利用することをお勧めします。

企業の採用HPから直接申し込む方法もありますが、エージェントは面接のアドバイスおよび選考日程の調整だけではなく、年収や入社時期の調整までしてくれます。

転職するつもりがなくても登録をしておくだけで最新の採用情報を手に入れることが出来ます。

オススメの転職サイト

私がお勧めする厳選した転職サイトを紹介します。

もちろん全て無料で登録することが出来て、お金が発生することはありません。

実際に面接をするのはあなたですが、エージェント次第では転職の結果に大きく影響を受けます。

また、それぞれのサイトの特徴についても解説していきたいと思います。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは2回の転職活動全てで利用しました。

実際に転職エージェントと面談したこともあり、リクナビNEXT経由で内定を得たこともあります。

リクナビNEXTは、老舗の総合転職エージェントで求人数が大きな強みです。

ただ、知名度はとても高いですが、担当者によってサービスの質に差があるなと感じました。

また、グループ内で情報流出が起きたり信頼感には欠ける印象を持っています。

ただ、業種に捉われずに求人を提案してくれるので、登録しておいてメリットは多いです。

私はリクルートエージェントを2回の転職活動で利用をしましたが、やはり求人の質・量はどの口コミでも他社エージェントと比較して圧倒的に高評価です。

求人数が多いため、優秀な担当者であれば力強いエージェントですが、担当者の当たり外れが多いのも特徴です。

従って、1社だけを利用して転職活動をするのは情報が限定的で効率が良くないので辞めましょう。

リクルートエージェントを活用しつつ、他の転職サイトにも登録して補完してください。

リクナビNEXTの無料登録はこちら
POINT

1社だけを利用して転職活動をするのは情報が限定的で効率が良くないので辞めよう!

doda転職エージェント

dodaはパーソルキャリアが運営する業界最大手の転職エージェントです。

2回の転職活動をした時もdodaは最も利用したサイトで私の中では1番評価が高いです。

求人数もさることながら、エージェントも転職業界に精通している担当者だったため、転職活動について安心してエージェントに相談することが出来ました。

大手エージェントのため送られてくる採用情報の質が高いため、転職エージェントとしての利用する価値はあるため登録して損はありません。

DODAエージェント無料サービスの申し込みはこちらから

キャリコネ

キャリコネは、自分が調べたい企業の年収、残業時間、転職の面接内容、評判などの口コミを閲覧することが出来ます。

キャリコネ最大のポイントは面接の質問内容を閲覧できるところです。

他の転職サイトと比較してもこの点は非常に大きなメリットでした。

キャリコネのような口コミサイトに登録しておけば、企業選定や選考対策に役立つ情報収集を行うことが出来るので、転職活動を有利に運ぶことが出来ます。

このキャリコネの最大の特徴である面接の質問内容や提示年収の口コミが見れたり、職種別や年齢別の年収が高い企業ランキングを見れる部分はかなりお勧めで転職活動をしない人でも参考情報として知っておいても良いと思います。

「キャリコネ」の無料会員登録はこちら
POINT

キャリコネのような口コミサイトに登録しておけば、企業選定や選考対策に役立つ情報収集を行える!

Kaguya

先端技術・イノベーション領域に強みを持つムーンコミュニケーションズ・エンタープライゼス社と、技術系エンジニア転職支援実績No.1のメイテックネクスト社が共同運営しているサイトが「kaguya」です。

エンジニア求人数 業界最大級のエンジニアのための転職支援サービスのため、技術系エンジニアの業界を絞って転職活動を行いたい人にはとてもお勧めのサイトです。

エンジニアの求人をなんと10,000件以上保有していることに加えて、その中から技術知識に基づいて、最適な求人を提案してもらえます。

【Kaguya】無料会員登録はこちらから

SAMURAI JOB

SAMURAI JOBはグローバル・外資系・ハイクラスに特化した転職支援サービスです。

特に海外案件に強い転職支援サービスで、ハイクラスの求人を多数揃えています。

私もより違う環境に身を置きたいと考えてこちらの転職サイトに登録しましたが、本当に外資系に特化した転職サイトでした。

結果的に外資系は候補から外れて私はこのサイトを経由して転職することはありませんでしたが、海外志向が強い人には相性の良いサイトではないでしょうか。

ハイクラスの転職に強みを持っており、東証一部上場のジェイ エイ シー リクルートメント社が共同運営していますが、ハイクラス求人を探しているのであればこちらを利用するのがお勧めです。

「SAMURAI JOB」の無料登録はこちら

転職して後悔したこと

今では私が新卒で働いていた会社は時代の流れには逆らえず、きちんと労務管理をするようになり残業代もきちんと支給されるようになったと聞きます。

しかし、あのまま働き続けたら良かったかと言われると、やはり転職して良かったと私は思います。

現在は副業もしながらサラリーマンをしてますが、副業で結果を出すことが出来ているのも20代のうちにいろんな環境に身を置いて成長することが出来たからだと思っているからです。

売り手市場である今の時代に、納得出来ない会社で働くよりも、見切りをつけて自分に合った働きやすい職場に転職して副業にも力を入れるのも一つの戦略です。

終身雇用が終わった今、固定されたルールに縛られることなく、自分の人生を飛躍させるために転職を検討してみてはいかがでしょうか。

POINT

売り手市場である今の時代に、納得出来ない会社で働くよりも、見切りをつけて自分に合った働きやすい職場に転職して副業にも力を入れるのも一つの戦略!

コマ社長の公式LINE

友だち追加