「持ち家」VS「賃貸」のメリットとデメリットを解説

「持ち家」VS「賃貸」のメリットとデメリットを解説 不動産投資

こんにちは。サラリーマン&不動産会社社長のコマ社長です。

突然ですが、あなたは住むなら持ち家と賃貸、どっちがお得だと思いますか。

定番ともいえるこのテーマに頭を悩ましている人も少なくないのではないですよね。

かくいう私も、以前東京に居住用として一戸建てを購入しました。

従って、私は持ち家派に分類されてしまうのかもしれません。

あの与沢翼氏は、持ち家派か賃貸派かの議論を一刀両断されていました。

与沢氏いわく、持つか借りるかで言ったら、絶対に持つ方が良いに決まってるとのことです。

その理由は、この議論は、一生に一度しか家を購入出来ない人がする議論でしかないとのことです。

とはいえ、我々サラリーマンにとって、家を購入するというのは一大イベントなので、慎重に検討したいですよね。

不動産会社のオーナーをしている私の意見としては、持ち家派か賃貸派の議論は、住む人の環境や属性によって異なって来ると思います!

どちらにもメリットがあり、デメリットがあります。

メリットとデメリットについては、不動産会社のオーナーである私がこれから解説致しますので、あなたに合うのはどちらかを選択しましょう!

持ち家と賃貸は結局どっちがお得かわからないわ

持ち家と賃貸はそれぞれメリットとデメリットがあって、人によって得かどうかは異なってくるんだよ。賃貸と持ち家のメリットとデメリットを解説するからきちんと勉強してね。

賃貸のメリットについて

気軽に引っ越す事ができる

まず、賃貸のメリットについて、気軽に引越せるところが一番大きいです。

例えば、人生を生きていく上で、結婚をしたり子供が生まれれば家族構成が変わってきますよね。

賃貸な場合、家族構成に合わせた広さや部屋数の住宅に住み替えることが可能です。

全く使うことなく、物置になってしまった部屋が出ることは無くなります。

転勤や子どもの学校が変わったときなども、通勤・通学に合わせた物件に引っ越すことが可能です。

また、例えば隣に住んでいる人とトラブルが合った場合、引越すことで解決できる点が賃貸のメリットなのです!

住宅設備の故障は貸主負担

賃貸住宅は、エアコンなどの住宅設備が故障した場合、基本的に貸主側が故障代を負担します。

賃貸の場合、設備や家が古くなったら、新しい綺麗なマンションに引越すことも可能なのです!

さらに、水害や地震などでマンションが破損した場合、損失は貸主負担になるところもメリットと言えますね!

住宅ローンが無い

賃貸の場合は毎月賃料を支払う必要がありますよね。

しかし、賃貸の場合は住宅ローンという多額の債務を負うことが無いことは最大のメリットです!

しかし、35年間のローンという多額の債務を負うことが無いというのは精神的負担は少ないはずです。

持ち家を持つことで発生する固定資産税や管理費なども発生することはありませんね。

まとめ

・気軽に引っ越すことが可能 ・水害震災で破損した場合、自己負担は無し ・多額の借金を負わない ・固定資産税や管理費が発生しない

賃貸のデメリットについて

では賃貸のデメリットについても解説していきます。

家賃を払い続けなければならない

まず、家賃を一生払い続けなければならない点が大きなデメリットですよね。

住宅ローンという多額の債務を負うことはありませんが、住宅ローンはどんなに長くても35年間で終了します。

老後の年金暮らしになってからは、家賃を支払い続ける生活は負担になり続けます。

ファミリー向けの物件が少ない

さらに、都心部は賃貸専用の住宅は単身者など少人数世帯向けが多く、ファミリー向けは少なく探すのが大変です。

グレードを維持するならば、分譲マンションを賃貸として借りる分譲賃貸という選択肢があります。

しかし、分譲賃貸は家賃設定が高いことが多く、結果的に住宅ローンの負担よりも多くなってしまうことがあるんです!

好みに合わせてリフォームが出来ない

さらに、賃貸住宅が所有してないことをメリットとして挙げましたが、反対にデメリットでもあると言えます。

まず家を自分の好みに合わせてリフォームすることが出来ません。

壁に釘を打ちつけたりすれば、多額の原状回復費が請求されてしまいます。

年収が低ければ審査が通りづらい

高齢になって年金以外の収入がなくなると、借りられる物件が限られていきます。

一般的な賃貸住宅の場合、収入が少なければ審査が通らないことが多いのです。

まとめ

・単身向け、少数世帯向けの物件が多い ・家賃を払い続ける必要がある ・リフォーム出来ない ・年収が低いと審査が通らない場合がある

持ち家のメリットについて

住宅ローンが完済した後は負担が減少する

持ち家のメリットですが、住宅ローンの返済が終わればキャッシュフローが改善されることが挙げられますね。

住宅ローンを完済すれば居住費として発生するのは固定資産税や修繕費ぐらいです。

住宅の質が高い

さらに、持ち家のメリットとしては住宅の質の高さが挙げられます。

最近の住宅は一定の耐震性や省エネ性を備えた物件が多くあります。

安心、快適に住める住宅が一般的です。

耐久性も高く、築年数が浅ければ一度買えば一生住める場合も多いでしょう。

自由にリフォームする事が可能

持ち家は、お金を掛ければ自由にリフォーム出来ます。

例えば、私も持っている戸建てであれば、同じ土地に建て替える事も出来ます。

所有をしてますので、気軽に模様替えも楽しむことが出来るのです!

持ち家は売却する事が出来る

持ち家は資産になります。

賃貸はいくら賃料を払っても所有物になることはありません。

しかし、持ち家なら買い手がいればいつでも売却して現金化する事も可能なのです!

まとめ

・住宅ローン完済後は負担が減少 ・リフォームができる ・住宅の品質が高い ・売却する事が出来る

持ち家のデメリットについて

では、持ち家のデメリットを挙げていきます。

気軽に引っ越す事ができない

持ち家のデメリットはやはり気軽に引越せない点です。

賃貸と比較すると引越しをする事が難しいので、多少の不満があっても我慢して住み続ける事が多いです。

容易に売却する事が出来ない

例えば、持ち家を売却して買い換える方法もありますが、仲介手数料等の買い替えに伴う諸費用が嵩んでしまいます。

また、持ち家を売却したくとも買い手が現れないケースもあります。

例えば、不動産相場が値下がりしてしまい、売っても売却したとしても住宅ローンが残ってしまうケースです。

修繕費が発生する

自分の所有物である事で、反対にデメリットが生じてしまうケースがあります。

例えば、エアコンが壊れたら、賃貸とは違いお金を払って修理しなければなりません。

地震や水害で建物が破損した場合も多額の費用が発生します。

そうならないように、地震保険などに加入するわけですが、その費用も賃貸なら必要ありません。

家を買うときには諸費用が発生する

家を買うときに諸費用の負担があります。

不動産の購入は大きなお金が動くため、諸費用に掛かる費用も比例して大きくなってしまいます。

この点においても、賃貸に比べてデメリットと言えますね。

まとめ

・引っ越しが難しい ・修繕費がかかる ・購入する場合、諸費用がかかる

賃貸シミュレーション

例えば、賃貸住まいを続けた場合をシミュレーションしてみました!

まず世帯主の年齢が30歳で、2歳の子が1人いるケースを想定します。

まだ子供が小さいので1LDKの賃貸住宅に入居すると想定したとしましょう。

家賃は月額15万円程です。

さらに、入居時の敷金・礼金や仲介手数料として3カ月分の45万円を支払うことにします。

入居後は更新料として家賃1カ月分が2年に一度かかります。

やがて子どもが中学生になるタイミングの10年後に今よりも広い賃貸住宅に引越します。

3LDK程度のファミリータイプで、家賃は月額20万円です。

入居時の費用とその後の更新料は当初と同じ計算で求めます。

さらに10年後、子どもが大学を卒業すると同時に家を出ると想定した場合、夫婦2人用に家を少しサイズダウンします。

1LDK程度で家賃は月額15万円と設定しました。

その後はずっと同じ家に住み続ける想定です。

賃貸住まいでかかる住居費は基本的にこれだけです。

これを世帯主が80歳までの50年間合計した家賃の合計が9,600万円、入居時の費用と更新料の合計が550万円。

合わせて1億150万円になりました。

家賃設定は少し高めではあるものの、そんなに結果は変わって来ないと思います。

持ち家を購入することは負債を購入すると言われていますが、賃貸での支出も相当なものであることがわかりますよね。

賃貸が良いとか、持ち家が良いとか、簡単に議論出来る事ではありません。

そのため、購入する場合は、自分の環境や将来の計画をよく検討した上で、決断する必要があります。

以上となりますが、本記事があなたの今後の戸建て購入に、少しでもお役に立てれば幸いです。

POINT

賃貸が良いとか、持ち家が良いとか、簡単に議論できない!自分の環境や将来の計画をよく検討した上で、決断する必要がある!

コマ社長の公式LINE

友だち追加