絶対にお勧めしない副業

絶対にお勧めしない副業 副業

私はサラリーマンをしながら主にTwitterで活動しており副業で月商60万円を稼いでます。

ネット事業は副業としてようやく軌道に乗り始めたため、そんな私だからこそ本記事では絶対にやってはならない副業について解説します。

絶対にやってはならない副業を解説する前に、簡単に私の自己紹介をしますと、私は大学を卒業して、2012年に新卒で東証1部上場企業のIT企業へ就職しました。

就職した当時は、副業をするなんて微塵も考えておらず、本業で出世するために毎日意欲的に生活しておりました。

出世欲があったのは、就職した会社が大企業だったため、この会社で働いていれば将来は安泰だと思っていたからです。

しかし、当時は新入社員ということもあり毎日、朝早くから夜中まで働いて、今の時代では考えられませんが残業代も出して貰えなかったので手取月収が17万円台でした。

加えて、土日のどちらかは会社の上司とゴルフに行かなければならなく、朝の4時頃に起きて車で上司の自宅にお迎えに上がりゴルフに行っていました。

ゴルフをしたことがある人ならお分かりだと思いますが、プレー代金ってとても高いんですよね。

手取りも低いし、夜中まで残業するし、休日はゴルフに行くので、毎月の生活は赤字でボーナスが出てようやく年間で黒字になるような生活でした。

まさに、石川啄木の「働けど働けどわが暮らし楽にならざり」状態でした。

私は新卒入社で働いた会社で上記のような経験をしたため、本当にお金を稼ぐ方法というのは他に無いのだろうかと疑問に思うようになり、試行錯誤した結果、今に至るのです。

POINT

働けど働けどわが暮らし楽にならざり!

自分の資産になる副業をしよう

そんな私が、勧めたい副業は時間をお金に変えるのではなく、自分の資産になる副業を進めています。

ただ、本業で稼いでいる優秀な方は、副業を探す必要など無く、才能と人脈で自然と仕事の幅が広がるようなケースがあります。

しかし、それはごく一握りの人材に過ぎません。

多くのビジネスパーソンは副業で才能と人脈を遺憾無く発揮出来るわけではなく、0の状態から自分のビジネスを成長させていかなければなりません。

もっと踏み込んで言えば、私は常日頃から人間の能力には差がないから、やるかやらないかの違いしかないと常に言っています。

サラリーマンの世界でも、本当に優秀で会社の看板を外しても同じように稼げるようような人は1割にも満たないです。

多くのビジネスパーソンは、自分に出来る範囲で会社に貢献する人達なのです。

そして、その多くのビジネスパーソンが日本経済を支えています。

しかし、サラリーマンにフルコミットしたとしても、40代になり会社が傾きそうになった時に、簡単にリストラされてしまうリスクとは隣り合わせです。

なので、私は本業以外にも収益の柱を持っておくことが、今の時代を生き抜くための最善の身を守る手段となると提唱してます。

ただ、本業以外でビジネスをする場合、とても限られた時間でバリューを出す必要がありますが、そんな時に出来るだけ候補から外してほしいのが時間を切り売りする副業です。

POINT

人間の能力には差がないから、やるかやらないかの違いしかない!

絶対にお勧めできない副業

そんなサラリーマンだからこそ、絶対にお勧め出来ない副業は時間を切り売りする副業と先ほどご説明しました。

時間を切り売りする副業とは、例えばコンビニのバイトや内職などが挙げられます。

あなたが今何か具体的にやりたい副業がある場合は本当に将来に繋がっていくビジネスかを自問自答してください。

バイトや内職であっても、今後展開していくビジネスのスキルに結び付くのであればそれは問題ないと私は断言出来ます。

ただ、生活費を補うためだけにバイトをするのだとしたら、将来のビジネスの成功には絶対に繋がりません。

サラリーマンが貴重な時間を割いて副業を始めるのであれば、意味のある選択をしなければなりません。

副業は必ず、将来のあなたの生活を豊かにする内容で選択しましょう。

もし、副業について何をやって良いか分からない人は私はブログ運営をすることをお勧めします。

ブログはセールスライティングスキルだけで無く、WebマーケティングやHTMLやワードプレスのスキルが身につくのでお勧めです。

また、私は副業で勉強した節税や不動産投資の知識をブログでアウトプットするため、より自分の中の専門性を高めることが出来ていると実感してます。

POINT

サラリーマンだからこそ、絶対にお勧め出来ない副業は時間を切り売りする副業!

副業で絶対にやってはいけないこと

副業で絶対にしてはならない事は人を騙す行為です。

加害者になるのは当然ですが、被害者にならないようにもしなければなりません。

加害者になる訳ないと思われている方も多くいると思いますが、お金を稼ぎたいという一心で行動した結果、いつの間にか詐欺の仲間になってしまっているという話はよくあります。

例えば、ネットで副業探しを行うと詐欺を匂わせる広告やTwitterアカウントを発見します。

「稼ぎたい人はこちらにご連絡下さい」という怪しいプロフィールや、Instagramでは贅沢な生活を送っていることをこれ見よがしにアピールしているアカウントがたくさんあります。

そのアカウントに限って、得てして「ラクして儲かる~」や「簡単に稼げる~」等と宣伝しています。

しかしその実態は、楽して儲けられるビジネスなんかでは無く、楽して儲かろう思っている情報弱者に売りつける情報商材のビジネスなのです。

これを読んでいる多くの人は、そのような詐欺には引っかからないとは思っていますが、お金に関してはどれだけ達観した人物でさえも時として人を狂わせます。

本当に儲かるなら絶対に秘密にしますので、上記のような怪しいアカウントから儲け話を持ち掛けられたら絶対に疑うようにしましょう。

大切なことは「一発逆転」等の安易なビジネスは絶対にありえないので、そのような詐欺には騙されないようにしましょう。

まとめ

「楽しい」と言うと勘違いさせてしまうかもしれませんが、人生を充実させる副業はもちろんあります。

「ラクして稼ぎたい」と「お金」を第一の目標にする余り、副業で消耗してしまいます。

しかも、先を見通して副業をしなければ、単純作業のような仕事をしてしまいます。

でも本来、副業選びの際は「スキルアップ」等の本業との相乗効果がある副業をすべきです。