【SEO対策】ロングテールキーワードの基礎知識

ロングテールキーワード ブログ運営

ロングテールキーワードを狙いにいくことによって、競合がたくさんいるようなキーワードでも検索数の少ない複合キーワードのことです。

具体的には、複数の様々なワード(単語)の組み合わせにより検索されるキーワードのことをロングテールキーワードと呼びます。

例えば、1単語のキーワードで、頻繁に検索されるキーワードをビッグワードと呼びます。

わかりやすい例で言うと、不動産投資やFXはまさにビックワードで、企業も参戦している競合が多いワードです。

ロングテールキーワードとは、後ほどご説明しますが、そのワードを軸にした3~4単語の複合キーワードのことを指すのです。

私のように個人でアフィリエイトを運営している方であれば、ビックワードを狙いにいくのではなくて、このロングテールキーワードを積み重ねて確実に収益を積み重ねていく手法がお勧めです。

誰もが検索するビッグキーワードというものは競合が多すぎて中々初心者が割り込めるのは至難の技になります。

しかし、この複数入っているキーワードを狙いにいくことによって、大手企業のサイトにも太刀打ちできる可能性が十分にあります。

私も後ほどご説明しますが、ある方法でロングテールキーワードを意識したブログを執筆してます。

ロングテールキーワードとは

SEO ロングテールキーワード

有名な話ですが、ロングテールキーワードで成功した例に、大手ECサイトのAmazonがあります。

今でこそIT企業を代表する企業にまで成長したAmazonですが、Amazonは今のように有名になる前に商品のラインナップが膨大にあるECサイトの場合、売上の中心になるのは、大ヒットした書籍からの売上ではありませんでした。

Amazonの売上の軸は、年に1回程度しか売れない書籍が全体の8割りを占めています。

人気の少ない商品を買いたいという人たちのニーズに応える形で、AmazonはECサイトを通してそれを販売することで、ニッチな需要にも応えていき、今のような巨大企業へと成長していったのです。

上記のように、ビックキーワードと違って、ロングテールキーワードの商品は、爆発的売上を伸ばす事は出来ない欠点があります。

しかし、着実に積み上げることで、コアなファンがついている商品の販売経路を確保できるので安定的な収益を生み出すことが出来るのがロングテールキーワードなのです。

そしてそれは、ブログビジネスにおいてもニッチな分野を狙いにいって安定的な収益基盤を作るのは言えることです。

ロングテールキーワードと同様に、ニッチなキーワードを使って記事を作れば、安定的にブログ収益を上げることが出来るのです。

個人ブロガーが大手企業が参入しているキーワードで戦うことは至難の業であるため、なるべく隙間キーワードを狙いにいって安定収益を稼ぐ事が大切です。

POINT

ックキーワードと違って、ロングテールキーワードの商品は、爆発的売上を伸ばす事は出来ない欠点がある!

ロングテールSEOについて

ロングテールSEOとは、ニッチなキーワードを使って、検索流入を増やすSEOの手法の一つです。

具体的には、不動産投資のようなキーワードは大手も参入するレッドオーシャンです。しかし、「不動産投資 おすすめ 本」のような複合的なロングテールキーワードであれば、上位検索を狙うことも十分可能です。

ロングテールキーワードはニッチキーワードと呼ばれているほど、検索数があまり多くないため、記事を量産することで収益力を底上げしてくれるのです。

ロングテールキーワードの利点

上記でも解説した通り、ロングテールキーワードの利点は、記事を積み重ねることで上位表示を狙えることがメリットです。

ニッチな分野を狙いにいくことによってコアなファンを戦略的に狙いにいく手法です。

コアなファンはお金もきちんと払ってくれるため、コアなファンをロングテールキーワードを活用してブログまで誘導する事が出来れば勝負は決まったも同然です。

ロングテールキーワードで記事を量産出来れば、ビッグキーワードの隙間を狙えるので、ロングテールキーワードを積みあげることで上位表示を狙えるようになります。

不動産投資のような多額のお金を投入して記事を量産している企業も網羅出来ていない、ロングテールキーワードを狙えば、個人サイトでも企業サイトに勝機があるのです。

ロングテールの仕組みについて

SEO ロングテールキーワード

検索ボリュームと競合が少なければ、内部リンクをたくさん設定することなく検索上位に表示されます。

内部リンクがSEO対策に有効であるというデータは出ているため、多くのブロガーが実践しているSEO対策です。

ロングテールキーワードと内部リンクの組み合わせだけでも、SEO対策をしていないブログとは天と地の差がついていると思って良いでしょう。

ロングテールキーワードを活用して検索上位に位置する事が出来れば、トップ表示のクリック率が30%以上あると言われている世の中で非常に有利にブログビジネスを進める事が出来ます。

従って、たくさんの複合キーワードで上位表示を狙いにいけば、キーワードの検索量が少ない場合でも、記事を量産することでアクセス数を狙って取れる仕組みになります。

基本的にブログやアフィリエイトの収益ロジックは同じです。

しかし、検索ボリュームが少ないというデメリットはあるため、記事を量産することが前提になります。

具体的には、検索ボリュームが10,000のビッグワードで上位を取れた場合と、検索ボリューム1,000のロングテールキーワードで上位を取れた場合では、アクセス数に大きな開きがあります。

ロングテールで収益力を底上げするには、とにかく記事を量産することが前提になるのです。

POINT

たくさんの複合キーワードで上位表示を狙いにいけば、キーワードの検索量が少ない場合でも、記事を量産することでアクセス数を狙って取れる!

ロングテールを量産してビッグワードを狙いに行く

ロングテールキーワードは、量産すればビッグワードでSEO上位を狙えに行けます。

具体的に、「不動産投資」というビッグワードを狙うために、「不動産投資 おすすめ 本」「不動産投資 おすすめ 地域」などのロングテールを抑えていきます。

その後、ビッグワードの記事へと内部リンクを設置することで、ロングテール記事へのアクセスをビッグワード記事へとつなげる事ができます。

ロングテールキーワードの選び方

ロングテール記事のキーワード選定の方法について解説します。

ロングテール記事のキーワードの選定は、ビッグワードと関連キーワードを組み合わせることです。

関連キーワードとは、「不動産投資 おすすめ 本」のようなサジェストキーワードです。

サジェストワードについてもう少し詳しく解説したいと思います。

例えば、Googleでという「不動産投資 おすすめ」のようなビッグワードを入力すると、サジェストワードが表示されます。

ロングテールキーワード SEO

上記の「本」「会社」「地域」などがサジェストワードです。

ロングテール記事を執筆する際は、上記のようなサジェストワードを調べてから、キーワード選定をしましょう。

検索ボリュームについて

検索ボリュームが少ない記事でも、SEO流入する事は多々あります。

なぜなら検索ボリュームが多い記事でも、競合が強すぎて上位表示にならなければ、SEO流入は望めないからです。

また、SEOという代物はGoogleのさじ加減で決定するため、あなたがロングテールを狙ったとしても、他のキーワードで上位になり、検索流入が増えることも十分にあり得るのです。

そのため、ロングテールキーワードを意識しすぎてしまっても、結果がどうなるかわからない以上、検索ボリュームは気にせず、記事を量産していけば結果はついてくるはずです。

ロングテール記事のキーワード選定が完了したら、記事をひたすら量産していきましょう。

ロングテールSEOは資本主義経済と同じで、陣取り合戦と呼ばれているほど競争が激しいです。

キーワード選定後、記事を量産することによって、サイトの専門性が高まるため、最終的にはビッグワードでも上位表示を狙いにいく事が可能になるのです。

まとめ

本記事では、ロングテールキーワードのSEO戦略について解説しました。

私もロングテール戦略は前々から行っています。

というよりも、私が狙っている副業や不動産投資はあまりにも競合が強すぎてこの戦略を取らざるを得ないからです。

ロングテールSEOは記事を量産することが前提の戦略になっているため、継続力が求められますが、それが収益力の底上げに繋がるので頑張ってください。

以上、ロングテールキーワードのSEO戦略について解説でした。

POINT

ロングテールSEOは記事を量産することが前提の戦略になっているため、継続力が求めらる!

チャンネル登録お願いします

公式LINE

友だち追加