不動産投資でサラリーマン投資家が実際に行っている手法を解説

不動産投資 Investment

本記事では不動産投資について実際に私が行っている手法も交えながら解説していきます。

私自身も不動産投資を行っており千葉県に一棟アパートを購入して資産運用を行っております。

不動産投資だけで毎月40万円弱の収入を稼ぐことに成功しており、2,500万円を日本政策金融公庫から借り入れを行い20万円を毎月返済に充ててネットキャッシュは20万円程度残ります。

不動産投資の凄いところは全く私のお金を支出することなく全て他人のお金で資産を購入する事が出来てしまう点にあります。

お金は銀行に預けているだけでは全く増えることはありませんが、運用することでお金を増やす事が可能です。

友だち追加

不動産投資って怪しい?

不動産投資と聞くと怪しいイメージを持っている人が多いかもしれません。

私のTwitterのDMでも不動産投資についてツイートすると、何の根拠もなく胡散臭いというような批判が届いたりします。

おそらく、こう言った批判をする人の心理というのは、自分の知らないものに関して拒絶反応から来ているものだと思います。

またサラリーマンの方の中では会社で働いているとたまに区分マンションの営業の電話を受けたりする人も多いと思います。

その結果、サラリーマンに不動産投資は怪しいものという印象が植え付けられているのかもしれません。

不動産投資は怪しいものではない

結論から言いますが、不動産投資は怪しくありません。

あなたが知っている不動産企業の大手である三菱地所や三井不動産も規模は違えど不動産投資のビジネスをしています。

副業でやる不動産投資はそれを個人でやれる範囲まで縮小させたものでしかなくて、立派な副業ビジネスの一つです。

会社を設立して不動産投資をするのであれば、あなたは不動産会社の会社経営者の仲間入りになるのです。

また資本主義経済においてお金を増やす方法は投資をする事ですが、投資の世界において不動産投資は一般的なものになります。

サラリーマンの間で不動産投資というとあまり話題に上がらないかもしれませんが、富裕層の間では一般的な投資方法です。

不動産投資で稼ぐ手法は2つあります

不動産投資で稼ぐ手法は2つあります。

この話は不動産投資の入門レベルではありますが、この前提の部分を理解していなければこれから投資する事が出来ません。

なので入門的な話ではありますが、とても大切な話です。

不動産投資の素晴らしいところは例えば借入金

稼ぐ手法その①:キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは一言で言うならば不動産の売買益で稼ぐ投資手法になります。

わかりやすい例で言うならば、東京オリンピックの影響で都心のマンションの価格が高騰しましたよね。

高騰する前にマンションを購入していた場合、高騰後に売れば購入した価格から売却時の価格を差し引いた金額が利益になります。

それを繰り返してお金を増やす手法がキャピタルゲインの投資方法になります。

不動産投資は金額が大きいためキャピタルゲインで稼げる金額は大きくなりますがただそれだけリスクも大きくなります。

価格が上がる事があれば価格が下落する恐れが発生するからです。

またキャピタルゲイン狙いで物件を短期間で売買してしまうと税率も高くなってしまうデメリットがあるため素人が簡単に投資出来る手法ではありません。

稼ぐ手法その②:インカムゲインについて

不動産投資のインカムゲインについて解説します。

実際に私が使用しているのもこのインカムゲインになります。

インカムゲインとは、不動産を購入したらその物件に人を住まわせて家賃収入を得る投資手法です。

私の場合は千葉県に一等アパートを購入してますが毎月40万円弱の家賃収入が入ってきます。

不動産投資は不労所得だと言われていますが、まさにこのインカムゲインは不労所得に近いビジネスです。

物件の管理も管理会社へ委託をしておりますので、ほとんど手間がかかりませんのでサラリーマンとの相性は抜群です。

ただ、同じサービスでも管理会社によってはサービスが変わってきてしまうので相見積もりをとって管理会社を選定する事は重要です。

立地さえ間違わなければ満室経営は維持できる

空室リスクが不動産投資のリスクとして挙げられますが結論から言ってしまえば家賃を下げてしまえば簡単に満室にする事が出来ます。

もちろん山奥にあって誰も住まないような物件でなければの話ですが。

人がいないところに物件を購入してしまえばそれは不動産投資の前述した前提を理解出来ていないと言う事なのでもう少し勉強した方が良いです。

家賃を下げればいくらでも入居してもらえますが、一定の利回りは当然確保する必要があります。

不動産投資で稼げる物件を見極めるには

私が実際に行った不動産投資はオーナーチェンジ物件を購入するものでした。

オーナーチェンジの物件とは、すでに人が住んでいる物件を購入することを指し、購入した翌月から家賃収入が発生します。

すでに人が住んでいるならその物件は需要があることの何よりの証明になります。

もちろん物件価格が多少高いデメリットはありますが人が住んでくれるか不安な人はすでに満室経営をしている物件を購入するのも一つの手段です。

不動産投資について勉強しよう

不動産投資は巨額のお金を投資するためリターンも大きいですがもちろんリスクが介在しているビジネスです。

もし不動産投資の基礎知識を分かっていない場合はセミナー等に積極的に情報を取りに行く姿勢が大切です。

また、動画で不明な点があれば公式LINEにてメッセージをしてください。

そうすることによって質問の回答をブログ記事に反映してあなたの理解度を高めていきたいと思っています。

友だち追加