コマ社長が実践するお金を稼ぐための思考術

コマ社長が実践するお金を稼ぐための思考術 副業

ビジネス系のアカウントがフォロワー1万人を超えるとインフルエンサーと言われており、私はこの記事を書いている時点でフォロワーは約1.6万人いるので、マイクロインフルエンサーなのかもしれません。

オンラインサロンも開設して副業で始めたブログやnoteでの売上も本業の給料を超えるまでになりました。

ただ私自体が能力が高いと思ったことは一度もなく、Twitterで発信している通り、とにかく行動して軌道修正していくことを繰り返し行った結果、今があるだけだと分析してます。

日本社会では、多くの人はサラリーマンから抜け出したいと考える人はいても、実際に行動に移しているのは1,000人いたら1人くらいです。

行動する人が少ないからこそ、行動すればするほど結果を出す事が出来て、普通のサラリーマンから何者かになれるのだと思います。

ただ、私はフリーランスになることを推奨しているわけではありません。

サラリーマンは大変ではありますが、労働基準法に手厚く守られている存在です。

さらに会社が新規事業を起こす際に担当者になれれば、全くデメリットなしで経験を積む事が出来ます。

まさにお金を貰いながら経験を積める最高の環境だと思っています。

サラリーマンで保守的に経験を積みながら、副業では会社経営者としてリスクを少しずつ負って事業を拡大していくのは最強だと言うことを私は発信した結果、今のフォロワー数になりました。

本記事では私の考え方や皆さんに提案する人生の楽しい生き方について解説していきます。

POINT

サラリーマンで保守的に経験を積みながら、副業では会社経営者としてリスクを少しずつ負って事業を拡大していくのは最強!

失敗なんか気にせず挑戦していこう

そもそもあなたにとって失敗とは何ですか。

サラリーマンだけをやっている人と話しているとお金の運用の仕方とかには無頓着の人が多い印象があります。

貯金をする事が正義で、私が公庫からお金を借入て一棟アパートに2,500万円を投資したと聞いたら人生終わったなと言われた事がありました。

私からしたら2,500万円をたったの1.16%で借入れる事が出来て、それを利回り18%で運用できるのはとてもメリットの大きい話なので、何が人生の終わりか分かりません。

貯金なんてしていてもこの低金利の世の中では全くメリットがないため、投資話に恐れを抱いて目も向けようとしない姿勢の方が私はこの先の人生を生き辛くなってしまう原因と考えてしまいます。

仮に2,500万円の投資が失敗したとしましょう。

大災害が発生してそのアパートが倒壊した場合は、仰る通り相当な損害を被ります。

しかし、そうしても日本の法律では死ぬわけではありません。

投資には必ずリスクというものが存在するため、そのリスクだけにスポットを当てて揚げ足を取る行為はあまりセンスがあるとは言えません。

リスクを考えることももちろん大切ですが、メリットに目を向ける事が出来なければ投資をしてお金を指数関数的に増やすことは出来ないのです。

多くの経営者はメリットのある話に子供のように目をキラキラさせながら飛びつきます。

しかし、多くのサラリーマンはメリットよりもデメリットに注目してしまうためチャンスを掴む事が出来ないのです。

失敗しても、その経験もネタにして何が失敗だったのかを私は記事にして、2,500万円以上の価値を生み出すくらいのサイコパスぶりが無ければ成功するチャンスを掴むことは難しいと成功している経営者を見て思っています。

ウーバーイーツの報酬削減に抗議のニュースを見て

飲食宅配代行サービス「ウーバーイーツ」の配達員で構成されている労働組合がウーバー側から配達報酬を一方的に引き下げられたことを明らかにして団体交渉を申し入れた事がニュースとなっていました。

このニュースによると配達距離に応じて支払う報酬単価を従来の1キロメートル当たり150円から60円に引き下げたというものです。

これに関して労働組合は大きく反発をしておりデモを行うまで抗議は発展しているとのことです。

このニュースを見てあなたはどう思いましたか?

私は会社の給与体系に納得が出来ないのであれば、転職して納得のできるところで働けば良いだけの話と思っています。

デモの時間も無駄です。配達員であれば専門的なスキルも身につける事が出来ないため、尚更会社にしがみつく理由がありません。

デモをしている時間があるならば、自分のビジネスを成長させて会社にしがみつかなければならない人材ではなくて会社から引き抜かれるような人材を目指さなければ、将来的また同じ不条理が起きるでしょう。

サラリーマンは法律には守られているものの、自由が少ない存在でもあります。

例えば、就業時間は決められているし、副業は禁止、時には残業をするし、繁忙期には権利である有給も取得が難しい。

どうしても会社の方針次第で、給料のカットや人員整理が起きてしまい、振り回されてしまうのも事実です。

だからこそ会社に何かを期待するという姿勢は一切排除して、持ちつ持たれつ程度に会社を見るのが最適なのです。

資本家と労働者という関係を美化して、従業員は家族だと言ってる経営者もいますが、それは一つのマネジメント手法です。

トップが従業員のことを本気で考えていると思わせて会社への求心力を高める方法だからです。

これからの時代はいつ会社からクビを宣告されても良いように、真に稼ぐ力を身に着ける必要があります。

そのために私はオンラインサロンを立ち上げたのです。

このサロンでは早速、私が発注したり、マーケティングの依頼を行っています。

メンバーは初めてのことで戸惑うこともありますが、この無茶振りこそが人を進化させるのです。

というか型式ばった授業のような環境では生きたスキルや副業で生き抜くための力は身につける事が出来ません。

だからこそ、私はどんどん成長してもらうためにサロンメンバーとオンラインでもオフラインでも積極的に交流していきます。

会社員のパラダイムシフトが起きている

現代において、会社員の働き方にパラダイムシフトが起きています。

一昔前は、ネットが発達していないことによって、サラリーマン以外で稼ぐという人は少なかったかもしれません。

しかし、今ではネットが発達したことによって情報格差がなくなり、サラリーマンでも稼げる方法を誰でもネットで調べて実践可能な時代になりました。

さらに副業も解禁となり、サラリーマンが副業市場に雪崩れ込んできた結果、ビジネス系のアカウントが一気に人気になりました。

ただ、企業の就業規則はまだ副業解禁にしていない会社も多いため、これが名実ともに副業解禁となればさらにこの市場は広がっていきます。

そのためにも皆、躍起になってポジション取りをしています。

結果にこだわることを忘れないで

例えば、SNSでフォロワーを増やしたいと思うなら、フォロワーを増やすことに徹底的に拘りましょう。

結果に拘ることでプロセスも先鋭化されていきます。

私は副業をするにあたり、数字に関してはプレッシャーを自分に与えながら副業をしています。

副業で上手くいかなったりすると本気で落ち込みます。

そのくらい本気で取り組む事が大切なのです。

不動産投資でも私は20代で2,500万円の借金を背負って投資を行っております。

東京に自宅も購入してますので、借金の額はもっと多いです。

しかし、私は借金をしているからこそ背水の陣で徹底的に結果に拘って事業をブログ、note、オンラインサロン、Youtubeと多角化してます。

本気で事業を行えるからこそリスクを背負ってお金を増やし続ける事が出来ます。

リスクを背負えるからこそお金を増やせるのです。

目先のリスクを恐れる事なく将来の可能性を常に注視して事業を成長させていきましょう。

POINT

本気で事業を行えるからこそリスクを背負ってお金を増やし続ける事ができる!

チャンネル登録お願いします

公式LINE

友だち追加