資本家と労働者の違いを解説

資本家と労働者の違いを解説 副業

こんにちは。サラリーマン&不動産会社社長のコマ社長です。

私は、日本のサラリーマンが本業をしながら、当たり前のようにサイドビジネスが出来る社会を実現するべく活動してます。

サラリーマンがサイドビジネスを拡大させることが出来れば、会社に縛られることが無い、自由な生活を実現することが出来ると信じています。

会社で不当な扱いを受けたとしても、サイドビジネスで充分に収入を得ていれば、無理に会社にしがみつくことはありません。

会社があなたを選ぶのではなく、あなたが会社を選ぶ社会が実現するのです。

さらに副業で経験した知識を本業に生かすことで、一人一人の生産性がより向上して、日本の競争力は世界の中で益々増していくことでしょう。

そして、一人一人が輝く魅力的な社会が実現すると本気で思っています!

こんな夢のようなことを語っていると、お前は政治家にでもなるのかと突っ込まれそうですが、そうではありません。

私は社会を変えられるのは政治家ではなく、一人一人の行動だと思っています。

私の活動をみて、意外と副業っていいじゃん。真似してみよう!

そう思って行動する人が増えていけば、社会も変わらざるを得なくなるのです。

本記事では、なぜサラリーマンは副業をして起業をする必要があるのかを解説したいと思います。

決してこの記事は怪しい押し売りとかではなく、現代の社会の仕組みに基づいて、論理的に解説したいと思います。

もし、あなたがお金持ちになりたいのであれば、どうか最後まで読んでください。

お金の話だと、コマ社長という人は何か高額な商品を買わせたり、よく分からないセミナーの勧誘をするんじゃないかと不安ですよね。

でも、安心してください。

私は、いまの世の中で起きているお金の仕組みを、簡単に解説するだけです。

お金持ちになる一番の近道は、高額な情報商材セミナーに参加することや怪しげなFXの自動売買システムにお金を投資することではありません。

お金持ちになるためには、いま世界では一体何が起きているのかを正しく理解することだからです。

資本主義経済の仕組みについて

そして、アメリカでは上位1%の富裕層がアメリカの総資産の30%を握っています。

しかも、この格差は年々拡大しており、上位の富裕層は総資産の多くを保有し、その割合は増加する一方とのことです。

その反面、下位層の資産保有割合は、全く増えることなく、それどころか、富裕層の富の割合が年々増加してしまうため、下位層が押し潰され始めている状況になっています。

アメリカを追っている日本は、近い将来、そういう仕組みに近づきつつあります。

というよりも、いま時点で、日本の貧富の差はとても進んでいます。

この貧富の差が拡大していく状況に、あなた自身も心当たりはあるのではないでしょうか?

日本でもアベノミクスで株高円安低金利の好景気になりましたが、実際に潤ったのは富裕層ばかりで、よくニュースのインタビューを受けているサラリーマン達は実感がないと嘆いていたと思います。

それもそのはずです。

いまの社会の仕組みは例え好景気になったとしても労働者が真っ先に潤うような仕組みになっていません。

まず最初に潤うのは資本家で、富の分配が行われれば、ようやく我々労働者におこぼれが落ちてくるのです。

好景気になったからといっても、あなたの生活が劇的に変わるような仕組みにはそもそもなってはいないのです。

資本家がその富を分配せずに囲い込んでしまえば、労働者が潤うことはないのです。

また、労働者はそれを咎める権利を持っていません。

その仕組みを理解していなければ、あなたは会社や政府に不満を言い続けるものの、全く生活を変えることが出来ない人生を送り続けてしまいます。

POINT

いまの社会の仕組みは例え好景気になったとしても労働者が真っ先に潤うような仕組みになっていない!

なぜ労働者はお金持ちになれないのか

資本主義経済において、私たちサラリーマンの資産形成は足し算式です。

そのため、毎月数万円をコツコツと貯金しても増えるスピードも遅いし、ちょっとしたライフイベントがあればそのコツコツと貯めた貯金はあっという間に無くなります。

そのため、私が提唱しているのは、サラリーマンの方も本業で足し算を積み上げつつ、副業でリスクの少ない掛け算をした方がいいということです。

というよりも、いまの社会のシステム上、このまま掛け算をしなければ、間違いなく一生お金に縛られる生活は続きます。

あなたがお金のために時間を切り売りする生活から抜け出すためには、掛け算をする方法以外ないのです。

あなたも資本家にならなければならない

私の記事を読まれている方の多くは、現状に不満を抱いており、副業でお金を稼ぎたいと野心を抱いている方が多いのではないでしょうか。

そして、ここまで記事を読んだあなたは、お金持ちになるためにはサラリーマンを続けているだけでは、いつまで経ってもお金持ちになることが出来ないと理解出来たと思います。

ただ、誤解して欲しくないのが、決して私はサラリーマンを批判しているわけではありません。

毎日働くことはとても大変で、それを何十年と続けることはとても凄いことだと思います。

私もサラリーマンをしているのでとてもよく理解してます。

ただ、いまの世の中の仕組みでは、サラリーマンがお金を稼げる仕組みになっていません。

お金に興味が無いから、副業をするつもりはないと思った方もいるかもしれません。

ただ、あなたの人生は一度きりですが、その人生の多くの時間を労働として切り売りして、結果的にお金のために人生を使っていることも事実です。

お金に縛られる人生から抜け出すための方法はただ1つです。

あなたが資本家になることです。

あなたがお金のために働くのではなく、あなたのためにお金を働かせてください。

あなたのために働く資本を、コツコツと拡大させていくのです。

お金持ちになるための怪しいセミナーやInstagramで勧誘される怪しいFX自動売買ツールにお金を浪費している場合ではありません。

あなたの持っているお金を、あなたために働く不動産や株などの資本と交換し続けるのです。

資本家になるために、一夜にして莫大な資産を築ける儲け話や、楽して儲けられるという怪しげな人物の話を鵜呑みにしてはいけません。

あなたがお金持ちになる一番楽な最短ルートは、サラリーマンで足し算をしてお金を貯めつつ、貯めたお金を投資して小さな掛け算を積み上げていくことだけです。

以上、資本家と労働者の違いを解説。でした!