老後2,000万円を蓄えるための不動産投資

老後2,000万円を蓄えるための不動産投資 不動産投資

こんにちは。サラリーマン&不動産会社社長のコマ社長です。

本記事では、社会問題となった老後2,000万円問題について解説していきたいと思います。

老後2,000万円問題とは、2019年6月3日に公表された、金融庁の審議会の報告書が発端となっております。

この報告書は、「老後には年金以外に2千万円の資金が必要」という試算が盛り込まれていたというもので、金融庁からの報告を麻生太郎金融担当大臣が受け取らないと宣言し、混乱を極めました。

老後資金は2,000万円必要という問題は、今では日本国民なら誰でも知っているニュースではないでしょうか。

このニュースは、いわゆる「年金2千万円問題」とか「老後2千万円問題」などと今では呼ばれています。

私はこの問題の本質は、老後を年金だけを頼りに生活しようとしている人が日本には多くいたため、デモにまで発展したのだと分析しています。

これを読んでいるあなたは、老後2,000万円問題に備えて何か行動していますか。

まだ行動されていないのであれば、焦る必要ありません。

本記事では、老後2,000万円問題とそれに備える方法を解説していきます。

POINT

老後2,000万円問題とは、2019年6月3日に公表された、金融庁の審議会の報告書が発端!老後には年金以外に2千万円の資金が必要」という試算が盛り込まれていたというもの!

終身雇用制度の崩壊

今までの日本は、終身雇用制度が前提で、定年退職まで会社に忠誠を誓って働き、働いている間は国民年金や厚生年金を払い、退職後は年金を頼りに生活するのが一般的でした。

しかし、今ではトヨタ自動車の豊田社長や経団連の中西会長が、終身雇用を守るのが難しいと言及しており、日本独特の制度であった終身雇用に終わりが見え始めているのです。

それに加えて、国の政策ミスではあるものの、少子高齢化が進んでしまい、年金制度が破綻してしまった結果、到底年金だけでは老後は暮らしていけないと私たちはいま国から突きつけられているです。

サラリーマンをしながら投資や節税に積極的な方なら、このニュースを聞いたところで、そもそも年金を当てにしてはいないでしょうから、憤りは感じなかったと思います。

しかし、日本ではお金の教育というのは、学校で教えてもらえるものではないため、投資に対して積極的な方が多いわけではありません。

このニュースで初めて老後に危機感を持った方のために、私は投資で老後を豊かに暮らすための方法を解説したいと思います。

いや、私が他の記事でも提唱しているサラリーマンの副業を実践すれば、豊かになるまでに老後まで時間がかかるものではありません。

私のブログを読んで、お金持ちの思考を理解したならば、老後と言わず、あと10年後にでも生活は改善されるはずです。

これは私のポジショントークとか、全くそういうものではなく、合理的に試算しても、投資を続けることによって、2,000万円という金額を回収することは本当に難しいことではないのです。

終身雇用も終わり、年金制度も破綻して、その状況の中で、旧態然とした副業禁止の考え方に縛られたままでは、本当に手遅れになります。

人間の能力に差なんてないのです。

平凡なサラリーマンの私が出来ていることを、これを読んでいるあなたが出来ないはずはないのです!

サラリーマンだからこそ、豊かになるためにサイドビジネスを持ち、一人一人が、この資本主義経済に参入すべきだと私は何度も言い続けます。

POINT

合理的に試算しても、投資を続けることによって、2,000万円という金額を回収することは本当に難しいことではない!

不動産投資において必要なこと

そもそも投資ということについて、真剣に考えたことはありますか。

例えば、投資というと、騙されているとか、失敗するとか、そういうネガティブなイメージがありませんか?

確かに、投資をする人の中では、稚拙な考えと行動の結果、投資を失敗させた人はたくさんいます。

例えば、失敗例として

  • バブルの時に知識もないまま株や不動産を高値で買ってしまう
  • リーマンショックの際に、絶好の買い相場をみすみす逃してしまう
  • 家賃保証という言葉を信じて、割高なシェアハウスのために億単位の借金をしてしまう(かぼちゃの馬車)

このような失敗例だけが先行してあなたの耳に入ってしまうため、投資についてネガティブなイメージが定着してしまいますが、投資で成功している人はたくさんいるのです。

冒頭でもお話ししましたが、人間の能力に差なんてありません。

やるかやらないかだけの違いです。

周りが自分より賢いというような思考回路は今すぐ捨ててください。

不動産に限らず、投資というものは少なからず自分よりもレベルの低い人が必ずいるというマインドを持って踏み出してください。

不動産投資であれば、築古ではあるものの、物件をリフォームすればで入居率や家賃も上げられるという確信があるから、購入に踏み切れます。

これが逆に、周りはみんな、自分より賢いと思ってしまっては、自分は割り勘負けしてしまっているとネガティブな思考に陥ってしまい、不動産投資なんてとてもではないけど出来ません。

従って、投資をする前には、必ず勉強して情報を集めてください。

取引先や競合他社に負けていないというマインドが、不動産投資には必要なのです。

2,000万円なら不動産投資で回収できる

2,000万円必要とニュースを聞いて、あなたは貯金しようと思いましたか。

この2,000万円という根拠は、毎月の支出が5万円足りなくなるということから端を発しているようです。

であれば、定年までに2,000万円を貯めるより、毎月5万円のキャッシュフローを生み出す方が非常に簡単です。

不動産投資で毎月5万円のキャッシュを生む方法は、たくさんあります。

例えば、300万円程度の築古の戸建を現金で買えば、高利回りなら毎月5万円のキャッシュフローを生み出します。

40歳くらいの方が築古戸建を購入したとして、月額5万円のキャッシュフローを得られるようになったとします。

スタート地点では、毎月5万円のキャッシュフローなので、インパクトは少なくて不安になるかもしれません。

しかし、この物件を10年運用することが出来れば600万円が貯まることになります。

運用の結果、溜まった600万円で同じような不動産を購入すれば毎月のキャッシュフローはさらに増えます。

そこに、サラリーマンで貯めた貯金を上乗せして戸建を買い増せば、あなたの資産は雪だるま式に増えていきます。

このサイクルこそが非常に重要で、資本を持つものがさらに資本を獲得することによってお金があなたのために働く仕組みが構築されます。

この仕組みこそが、まさに資本主義経済の原理なのです。

この仕組みをあなたは使わない手はありません!

この資本主義の原理を応用すれば、これだけ騒がれている2,000万円の問題もあっという間に解決出来ます!

そもそも、不動産投資をするのが怖いという方は、物件を見る目を養いましょう!

不動産投資初心者の方にお勧めのサイトがありますのでリンクを貼っておきます。

【三菱UFJ不動産販売】無料会員登録

リンクをクリックするとホームページに飛びます。

こちらは私も使用している三菱グループが運営している不動産サイトです。

不動産中古物件のポータル情報サイト「住まい1」では、不動産 仲介のプロがお客様のニーズに合わせた住まい探し、住み替えを徹底サポートしてもらえます。

三菱グループなので安心して不動産投資が出来る上に、 無料会員登録をすれば新着物件メールサービスも提供してもらえます。

ぜひ、不動産投資に興味がある方は、1分程度で終わりますので無料登録してみましょう!

POINT

サラリーマンで貯めた貯金を上乗せして戸建を買い増せば、あなたの資産は雪だるま式に増える!このサイクルこそが非常に重要で、資本を持つものがさらに資本を獲得することによってお金があなたのために働く仕組みが構築される!

まとめ

2,000万円の問題が騒がれていますが、あなたがこれを読んで投資の重要性に気づくことが出来れば、老後は何も問題ありません。

今すぐ、10年後の自分のために行動しましょう!

築古の戸建投資については、他の記事でも紹介しておりますが、この本で私は勉強しましたので、ぜひこれから不動産投資を始めようと考えている方は購入してみてください。

以上、不動産投資で老後2,000万円を蓄える方法でした!

コマ社長の公式LINE

友だち追加